長崎の留学情報を提供しました。

毎年、海外の主要都市で開催される、日本学生支援機構(JASSO)が主催する日本留学フェアに、海外での募集支援のため、今年度はタイ(チェンマイ・バンコク)、韓国(釜山・ソウル)、ベトナム(ハノイ・ホーチミン)3か国で開催された留学フェアに参加しました。

タイ チェンマイ会場

日時:平成28826()

場所:The Imperial Mae Ping Hotel

参加者:全体参加者958名  

タイ バンコク

日時:平成28828()

場所:Bangkok Convention Centre at CentralWorld

参加者:全体参加者3,426

センターのブースにはそれぞれ30名ほどの学生や保護者がセンターのブースを訪れました。高校生が非常に多く、そのほとんどが女子学生でした。現在、タイでは小学校から日本語教育が始まっているということでしたが、チェンマイは日本語でのコミュニケーションができる学生はごく一部で、他は英語、または通訳を介しての相談。一方で、バンコクは日本語が通じる訪問者が多かったです。相談の多くは、3か月から1年の短期留学のプログラムはないかというものでした。学部に関しては工業系に関心を示す学生が多く、保護者からは、高校から留学できるところはないかとの問い合わせもありました。その他、二重国籍の場合はどうすればよいのか、どのような奨学金があるのかなどを質問されました。また、中には旅行で、長崎を訪れたことがあり、とても気に入ったので、ぜひ長崎の学校に留学したいと話してくれた男子学生もいました。

韓国

韓国 釜山会場

:平成28910() 

場所:Busan Exhibition & Convention Center

参加者:全体参加者1,738

韓国 ソウル会場

日時:平成28911()

場所:Seoul Trade Exhibition Center

参加者:全体参加者3,120

来訪者は保護者同伴の高校生が多く、工学系希望の相談が多かったです。13年で日本語の習得もしていない状況での相談のために日本の大学に直接留学するには難があるように感じました。

しかしながら、日本語が堪能な高校生も少数であるがおり日本への留学準備をしており、日本語は独学で習得している。

従来に比べれば日本での就職希望、低年齢化(高校生)、実学志向(工学、看護など)。日本での就職を念頭においた留学相談者が多い印象でした。

ハノイ

日時:平成281015() 9301600

場所:LOTTE HOTEL HANOI

参加者:全体参加者1,509

ベトナム ハノイ会場

日時:平成281015()

場所:LOTTE HOTEL HANOI

参加者:全体参加者1,509

ベトナム ホーチミンシティ会場

日時:平成281016()

場所:REX HOTEL

参加者:全体参加者1,452

ハノイのブース来訪者の多くが送り出し機関の関係者でどのような学問が学べる大学があるのかの質問が多く、一方のホーチミンは学生の訪問が多かったです。

学生からは奨学金、英語で学べる大学、MBAが取れる大学などの質問をされました。学生については、ほぼ日本語を話すことができず、学部入学にはかなり時間を要するように思えました。また、少数でしたが、介護・看護分野についての質問もありました。短期留学に関する相談も多く、短期プログラムの充実を図る必要性を感じました。

長崎は、場所はともかく名前は認知度が非常に高く、原爆のことを教育の中で触れられているのか、「長崎は非常に印象的な名前だ。」と話す来訪者もいました。